done is better than perfect

自分が学んだことや、作成したプログラムの記事を書きます。

sshcodeが便利そう

前置き

最近WSL内にVSCodeをインストールして使っていたのですが、やはり動作が遅いのがどうしても気になっていました。

そういえば最近

coder.com

ってのが話題になっていたなーと思い、いっそ適当なVPSを借りてブラウザ経由でVSCode動かしたほうが生産的かなーとか思って少しあさっていると、以下のプロダクトを見つけました。

GitHub - cdr/sshcode: Run VS Code on any server over SSH.

適当なLinuxを動かしているサーバを指定して、コマンドを実行するだけでcoder-serverのインストールから自動でやってくれて、over SSHVScodeが動かせる?ということで、試してみました。

使い方

適当なVPSLinuxが動いていて、SSHログインができることが条件だと思います。

今回は、AWS Lightsail上で動いているUbuntu 18.04のVPSを用意して試してみました。つなげるもとはWSLです。

  1. github.com から、バイナリを落としてきてWSL上のPATH通っている適当な場所に配置
  2. sshcode -ssh-flags "-p <ポート番号> -i <秘密鍵の場所>" <user名>@<host名>と実行
  3. vscodeが立ち上がる

なんとこれだけで本当に動きました。どうもWindows側にChromeをインストールしていて、パスが通っていると勝手にそっちを使ってくれるらしく、まじで便利。動作も快適です。

セキュリティ面とかがよくわかっていないのですが、SSH tunnelingしている感じになっているのかな?そのあたりが安全なら、まじで私にとっては最強のソリューションかもしれないです。